Ryotaの投資資金の捻出方法

こんにちは!Ryotaです。

みなさんは投資資金の捻出方法はどのようにされてますか?

投資をしている方であれば資金の捻出にかなり悩まされてるのではないでしょうか。

そこで今回は私の資金捻出方法とその感想を書いていきます。

◾︎手取りの給料の4分の1を投資資金にする。

この方法は本多静六さんの「私の財産告白」という本に書いてあります。この方は明治から昭和初期の頃に財を成した方なのですがこの方を参考にしています。

私なりのやり方の流れを書いていきます。

①給料が振り込まれたら証券口座に投資資金を振り込む。

私の場合は給与が振り込まれた瞬間に銀行口座から証券口座に給料の4分の1を振り込んでしまいます。毎月6万円ほどです(おおよその給料がバレますね笑)

②給与の4分の3で生活できるように家計簿をつける。

本多静六さんは奥さんが家計簿をしっかりとつけてくれていたようでした。独身一人暮らしの私には家計簿をつけてくれる奥さんがいないので(自虐?)そこは21世紀らしくマネーフォワードが自動で家計簿をつけてくれるようにしています。ただしマネーフォワードの仕組み上買い物はクレジット払いにしないといけないので100円の買い物でもクレジット払いにしています。ポイントもつくのでクレジット払いはメリットが大きいです。

以上です。書いてみるとじつに簡単でしたね。

■感想(このやり方意外としんどい)

このやり方を実践してまだ8ヶ月目なんですが給料の4分の1が生活費に使えないって結構しんどいんですよ。

残りの給料から家賃で4分の1が消え…光熱費や携帯代やガソリン代などの生活費で4分の1が消え…食費で4分の1が消え…気がつくとお金はほぼ残りません。

何かにお金を使いたいなら食費を削るというカツカツな生活を送っています。

■希望(苦しい節約生活の先にはゴールが見えている)

こんな生活を続けているとたまに「散財したい!お金を使いたい!」という欲望が押し寄せてきます。

その欲望をストップさせてくれる存在がいます。

それこそが「配当金」です。

高配当株をコンスタントに買い続けていれば、いずれ配当金が毎月捻出している投資資金に追いついてくれます。

その時は給与で株を買わなくとも配当金だけで株を買えばいいのです。

■まとめ

この方法だと私の年間の投資資金は6万×12ヶ月=72万円です。ここにボーナスと配当金を足した金額が年間の投資資金となります。

そのため私の最初のゴールは年間72万の配当金をもらい給与を投資資金に回さなくてもいい状態にすることです。

年間72万の配当金を生むのは1,440万円分の利回り5%の株です。

まずはこのゴールに向けて私は歩み続けます。

それではまた。

“Ryotaの投資資金の捻出方法” への2件の返信

コメントを残す