3M 、第二四半期決算まとめ【2019年7月】

こんにちは!Ryotaです。

2019年7月25日公開された、

3M、第二四半期の業績発表をまとめさせて頂きました。

■一株利益 アナリスト予想2.05ドル➡︎結果2.2ドル

1年間の一株利益の見込みも発表されました。

2019年は9.25ドル〜9.75ドルとのことです。

純売上高 アナリスト予想8.05億ドル➡︎結果8.17億ドル

売上も予想を超える結果となりました。

■事業別の売り上げ(前年度比)

・セーフティー製品 -5%

・交通機関向け製品 -1.2%

・ヘルスケア +3.5%

・一般消費者向け製品 +0.7%

ヘルスケアが好調ですね。

セーフティー製品(マスクやヘルメットなど)が不調なのは、

3M製のマスクが訴訟の争点になっているのでその影響でしょうか。

各国の売り上げ(前年度比)

アメリカ +0.1%

ヨーロッパ、アフリカ -3.6%

アジア太平洋 -0.9%

ラテンアメリカ、カナダ +0.7%

感想

前回の決算(第一四半期)では一株利益が予想を下回ったため株価が大きく下落しました。

今回は売上、利益共に予想より良い結果となりましたので株価にも良い影響を与えそうです。

ただ私個人が今回の決算発表で知りたかったのが3Mが抱える訴訟問題の続報でした。

訴訟問題に関する発表はなかったので経過が気になるところです。

それではまた。