高配当株の注意点【株の初心者さん向け②】

こんにちは!Ryotaです。

株の初心者さん向けに第2弾です。前回は配当金を貰うために株を買いましょうという内容でした。今回は高配当株の注意点を解説します。

前回:株を買うってどういう事?【株の初心者さん向け①】

高配当株は配当利回りが高い株の事をいいます。まず利回りについて解説します。

■利回りとは?

利回りという言葉についてです。利回りが高い=配当金がたくさんもらえます。

同じ配当金でも株価の違いで利回りが異なります。

A社 株価1000円 配当金50円 =利回り5%

B社 株価2000円 配当金50円 =利回り 2.5%

この場合株価の低いA社の方が少ないお金で配当金をもらえます。その為A社を購入する事をおすすめしますが利回りだけを見て買わないようにしましょう。

◾︎利回りが高い株は業績が悪化している可能性がある。

利回りが高いのは配当金が多くもらえるのでいい事ですがリスクも存在します。

業績が悪化して株価が下落している事により配当利回りが上昇している可能性があります。

米国企業のクラフトハインツを例にします。

出典:StockCharts.comより

クラフトハインツは2017年から株価が下落し始めました。業績が振るわなかった為です。

株価下落に反して利回りは上昇し続けて2019年1月には利回りは5%まで上昇しました。

しかし業績不振を理由に減配※を発表。配当金が減った上に株価は約30%下落してしまい現在まで株価は回復していません。

※減配=配当金を減らすこと。

その為、安易に高配当株を買う事は避けた方がいいです。

ちなみに気をつけた方がいい高配当株はネットで検索すると出てくる高配当株ランキングの上位に常にいる会社などです。また利回り5%を超える株はなんらかの株価が下落している理由が存在すると思った方がいいです。

次回は高配当株を買う時にどこの業績をチェックすればいいかを紹介します。

それではまた。

“高配当株の注意点【株の初心者さん向け②】” への1件の返信

コメントを残す