配当の再投資って何?

こんにちは!Ryotaです。

今回はツイッター上で「配当の再投資って何だろう?」というツイートを見つけたので、私も行なっている米国株での配当の再投資について書いていきます。

■配当の再投資の方法

株の配当金でまた株を買う手法です。

配当金が発生したら次回の購入金額に配当を足して買っていきます。これにより持株数を増やし、持株が増えたら配当も増えるので繰り返していると雪だるま式に保有株を増大させる事ができます。

図を作りましたので参考にしてみて下さい。

※手数料や税金は除いています。

毎年5万円の積立でも配当を積立に充てると10年で13万円の違いが生まれます。

実際は株価が変動しますので本当にそんな事が実現できるのか疑問が生まれます。この配当再投資は株価が上昇しているか、少なくとも横ばいで成立します。

そのため米国株市場のS&P500採用銘柄で配当再投資を行います。

なぜ米国株市場で行うのか?

①米国株は1株単位で購入可能

日本市場では株は100株から購入ですので少額の配当では株を買うことはできません。米国市場では株は1株単位で購入できるので少額の配当であっても1株、2株と少しずつ買い足す事は可能です。

注意点は配当金だけで株を買うと手数料負けしてしまうので、大きい金額でまとめて株を買うときに配当金も充当して買う必要があります。

②米国市場は半世紀を超えても上昇し続けている

また米国市場、特にS&P500採用銘柄は常に上昇し続けています。日本株と比較するとどちらの株が上昇していくか一目瞭然です。

米国株がこれから上がり続ける保証はありませんが今のところずっと最高値を更新し続けています。日本株は1989年12月29日の38,957円を付けてから間もなく30年経ちますが最高値を超える気配がありません。

以上が米国株の配当再投資です。色々な投資方法は存在しますが比較的に簡単な投資戦略だと思います。

私はこの方法が普通の人が資産家になるただ1つの方法だと思い投資を続けています。興味がある方の参考になれば幸いです。

それではまた。

コメントを残す