米国高配当株コカコーラ(KO)銘柄分析【2019年5月版】

こんにちは!Ryotaです。

今回は超有名企業コカコーラの銘柄分析です。

■どんな会社?

炭酸系飲料の世界的なメーカーです。代表的な商品は誰もが知っている「コカ・コーラ」

近年は健康志向の高まりで炭酸や甘味料が敬遠されつつありますが、ダイエットコーラが売上に貢献しています。

■2000年以降のチャート

出典:StockCharts.com

2008年のリーマンショック以降右肩上がりです。ここ10年間では買い場は存在しないですね。

■配当金関連

利回り…3.2%

連続増配年数…56年

配当性向…77%

最新の利回りはコチラ

■地域別売上

見事に世界分散されています。

■営業キャッシュフローマージン(15%以上で良好)

5年平均で22%です。とても素晴らしいですね。

■利益剰余金(配当金の源です)

単位は100万ドルです。

ここ数年は横ばいですね。

■まとめ

コカコーラは投資家ウォーレン・バフェット率いるバークシャーハサウェイが株式の約9%を保有しています。バフェット関連の書籍を読むとコカコーラを購入した成功事例が必ずと言っていいほど記載されています。

確かに素晴らしい企業ですので株価の値上がりと配当を両方狙える貴重な銘柄です。

私も保有していますが今のところは利回りが低いのでしばらく買い増しは行なっていません。利回りが3.5%を超えるような事があれば追加投資を行いたいと考えています。

それではまた。

コメントを残す