米国高配当株のアルトリアとフィリップモリスから配当金を頂きました。【2019年7月】

こんにちは!Ryotaです。

我が保有株でも特に高配当なアルトリアとフィリップモリスの2社から

配当金を頂きました(^^)

■2019年7月の配当金

現在のドル円レートに換算すると以下のようになります。(1ドル=107.9円)

アルトリア…4,026円

フィリップモリス…4,113円

合計で8,139円分の配当金を頂けました!(^^)

■アルトリアとフィリップモリスについて

アルトリアとフィリップモリスはどちらもたばこメーカーです。

この2社は元々1つの会社でしたが、現在は分社化して2社になりました。

・アルトリア…アメリカ国内で展開

・フィリップモリス…アメリカを除く世界で展開

元は1つの会社でしたが分社化した事によって株価は違う反応をします。

・アルトリア…アメリカ国内でのたばこのニュースに敏感(主にFDAの発表)

・フィリップモリス…世界全体でのたばこに関するニュースに敏感。

共通しているのはどちらの株もたばこや業績に関する悪いニュースがあると大きく下落すること。

そしてゆるゆると株価は回復してまた下落します。

その繰り返しが多く、買うタイミングが悪いと含み損を抱えやすい銘柄です。

逆にそのお陰で常に株価の上値は抑えられており高配当を維持し続けています。

そのため配当金で株を買う配当再投資を行うと大きくリターンを得る可能性が高いです。

ジェレミーシーゲル著「株式投資の未来」では

アルトリアとフィリップモリスの前身であるフィリップモリス社が

配当再投資を行なった場合、アメリカの個別株では最大のリターンを出したと記されています。

私自身はたばこを一切吸いませんが、アルトリアとフィリップモリスとは株主として

長いお付き合いをしていこうと考えています。

それではまた。

コメントを残す