株価下落で購入チャンス到来か!?米国配当王!高利回りベスト3

こんにちは!Ryotaです。

中国がアメリカへの報復関税を発表し、ダウ工業株30種平均は617ドル下げました。

しかし株価暴落により配当利回りは反比例して上がっています。利回りを重視する投資家にとってはチャンスといっていい状況です。

今回は普段人気があり、なかなか配当利回りが上がらない連続増配50年超えの配当王の中から、利回り上位3銘柄を紹介します。※利回りは2019年5月14日時点のものです。

■3位 3M(ティッカーMMM)

・利回り3.31%

・連続増配年数 60年

・会社概要 世界を股にかける多角経営企業です。商品ではポストイットが有名です。日本では100%子会社の3Mジャパンがあります。

・直近6ヶ月のチャート

前回の四半期決算の結果と相まって恐ろしいほどの下げ幅です。

企業の詳細はこちら。増配年数60年!配当王3M(スリーエム)銘柄分析20195月更新

■2位 コカコーラ(ティッカーKO)

・利回り 3.33%

・連続増配年数 56年

・会社概要 世界的に有名なコカコーラを製造しています。最近ではダイエットコーラが増収に貢献しています。

・直近6ヶ月のチャート

今回の件ではあまり下がっていません。

■1位 ターゲット(ティッカーTGT)

・利回り 3.57%

・連続増配年数 51年

・会社概要 米国内に1,800店を構える大型ディスカウントストアです。最近ではネット販売が大きく伸びています。

・直近6カ月のチャート

少しだけ下がったかなという印象です。

■まとめ

いかがだったでしょうか?

ちなみに私は3Mを買う予定です。理由は消費財セクターの銘柄を持っていなかった為3Mを以前からずっと狙っていました。ようやく利回りが3%を超えたため買う決心がつきました。

なぜか3社とも企業ロゴが白地に赤です。どの会社も歴史が長いので昔アメリカ企業でこの配色をロゴにする事が流行ったのかもしれませんね。

それではまた。

コメントを残す