株はギャンブルではない!(`・ω・´)キリッ

こんにちは!Ryotaです。

先日、仕事上の知り合いに株式投資をしている事が知られ、会うたびに「儲かっているか?」と聞かれるようになってしまいました(´・ω・`)

世間にはこのように投資家とギャンブラーを同じように考えている人が結構多いです。

その為、今回は株とギャンブルの違いを書いていきます。

ギャンブルは必ず損するようになっている。

還元率(かんげんりつ)という言葉があります。一回お金をかけるごとに手元に何%返ってくるかの割合です。ビギナーズラックがあったとしても何回もかけると返ってくるお金は還元率の通りになっていきます。

・代表的なギャンブルの還元率一覧

パチンコ/パチスロ…80%〜85%

競馬…70〜80%

競馬/競輪…75%

宝くじ…46%

例えばパチンコに10,000円使ったとすると8,500円程度しかお金は返ってきません。

宝くじの場合は10,000円で4,600円しか返ってきません。

パチンコがマシに見える…(´・ω・`)

ちなみに還元率が100%を超えるギャンブルはほぼありませんが、唯一カジノのブラックジャックというゲームが還元率97%〜102%だそうです。

※日本にはまだカジノが無いので2019年現在日本ではできません。

・なぜギャンブルは儲からないかというとゼロサムゲームという仕組みになっていて自分の損は相手の得、相手の損は自分の得と±0になる仕組みになっています。

ギャンブラーの損=胴元の利益

胴元の損=ギャンブラーの利益

パチンコも競馬もお店の運営やスタッフや馬達が食べていかないといけないので胴元側が損するような作りにはなっていません。ギャンブルで儲けようなどという発想そのものが間違いです。

■株はwin-winが成り立つ

株はゼロサムゲームのように自分が損しても誰かが得するような作りにはなっていません。

保有株が値下がりすれば他の誰かの株が上がるという事もありません。

株は投資家が企業にお金を預けて、そのお金で企業が利益を出して株主に配当で還元するという仕組みですので、企業と投資家のどちらも得をするwin-winの関係を作れる性質のものです。

ただし企業が判断を間違って損失を出せば株価が値下がりし株主に損失を与えるリスクは存在します。

■株もやり方を間違えるとギャンブル化する

ただし注意しなければいけないのはデイトレーダーのように頻繁に株を売買する事です。

株自体の還元率が100%だとしても取引手数料が引かれた後だと還元率は99,9%台になってしまい売買を繰り返すうちに元本が減っていってしまいます。

その為、トレードで成功を収めたい方は元本+手数料以上の利益を生み出さないと損するだけですので注意をして下さい。

以上が株とギャンブルの違いです。

これで株をギャンブルという輩を論破できる(`・ω´)キリッ

…という感じになれば幸いです。

それではまた。

コメントを残す