台風で車の窓ガラスが割れ、生まれて初めて車両保険を使った話

こんにちは。Ryotaです。

今年は私が住んでいる千葉県に15号、19号と二連続で台風が襲いました。

台風15号の強風で隣家の瓦が落ちてきて私の車のドアや窓ガラスが破壊されました。

今回はその修理の為に生まれて初めて車両保険を使う事となったので費用などについて記事にしました。

ちなみにまだ車の修理が終わっていない為、何かあれば追加で記事を書きます。

■車の被害について

私の車で傷ついたのは以下のとおりです。

・後部座席のドア(取っ手が壊れて開閉できません)

・屋根がボコボコ

・後部座席の小窓の穴が空いた

・割れた窓ガラスの破片が車内を散乱

ドアが開かない事とガラスの破片が散乱しているので後部座席には乗れませんが運転席には影響が無かったのでガムテープで補強して運転していました。

■ディーラーの見積もり

ディーラーでの見積もりはこのようになりました。

・ドアの交換 57,800円

・屋根の交換 39,400円

・窓ガラス  12,700円

・技術料   83,900円

・塗装と清掃116,700円

合計: 310,500円

相場が分からないので高いのか安いのか判断つかないですが、この見積もりを見た他の方からは「吹っかけられてはいないようですね」と言われました。

修理費が安ければ保険は使わないつもりでしたが、流石にこの見積もり金額では保険を使うことにしました。

■車両保険で修理費31万円が5万円に!

私はイーデザイン損保のエコノミープランに加入しています。

自然災害にも対応はしてくれるようで自己負担は5万円で済むことになりました。

この自己負担は免責(めんせき)というものです。

しかし私は免責というものを知らなかった為「5万円もかかるのか」と最初は不満でした。

ただし保険の担当の方からそういった契約をされていますという説明をされて自分が知らずに契約したのだと恥ずかしながら納得しました。

高い保険に入ればこの免責はかからないようです。

ちなみに今回保険を使う事により来年は1万円ほど保険料が値上がりするようです。

そのため今回の車の修理にかかった費用は6万円となりました。

■瓦を飛ばした隣家には請求できない

ちなみに私の車を破壊したのは隣家の瓦です。

隣家に修理費を請求できないか私のアパートの管理会社に相談しました。

しかしこういった自然災害では家の物が飛んで他人の家の物を壊したりしても過失にはならないそうで請求できないとの事でした。

ただ私のアパートの管理会社の方が隣家の大家さんにかけ合ってくれて、事情を知った隣家の大家さんが見舞金で3万円ほど頂ける事になりました。

特に私からはお金を請求してはいないので完全に隣家の大家さんのご好意で大変助かりました。

■自然災害だと代車が順番待ちになる

実は車が壊れて1ヶ月近く経ちますがまだ車の修理に出してません。

理由は台風の影響で同じように車を修理に出す方で混んでいるからです。

私の場合は代車が順番待ちになってしまっている為車の故障から修理に出すまで1ヶ月ほどかかる見込みです。

最後になりますが、私は車が壊れただけで幸いな事に怪我などはしておらずピンピンしています。

しかし今回の台風で甚大な被害に遭われた方々が多数いらっしゃいます。

そういった方々に心よりお見舞い申し上げます。

コメントを残す