マネックス証券が米国株の手数料を最低0.1ドルに!手数料負けをしない金額はたったの22ドルに激減!ついに配当金だけで株を買えるようになった!

こんにちは!Ryotaです。

マネックス証券さんがやってくれました!

2019年7月8日より日本の大手ネット証券で初めて米国株取引の最低手数料を5ドルから0.1ドルに引き下げます。

今回のマネックス証券の英断により米国株を買うすべての日本人投資家に恩恵があります。

特に米国株の配当金の再投資を行なっている方には素晴らしい恩恵となるのでその根拠を紹介します。

■日本人が米国株の配当金の再投資を行うのにネックだった手数料の問題

最近日本でもスタンダードになりつつある米国株の配当金の再投資には問題点がありました。

それは米国株の取引手数料が高いことでした。

大手ネット証券3社(マネックス・楽天・SBI)の米国株の取引手数料は最低5ドルからです。

つまり1ドルの株を買うに5ドルの手数料を払わないといけない状況となっていました。

雀の涙程度の配当金では手数料がバカ高くなってしまうため、自己資金を投入して1112ドル以上の手数料負けをしない金額で損しないように株を買う事しかできませんでした。

■手数料が0.1ドルであれば配当金だけでも株は買える!

マネックス証券の米国株の取引手数料と手数料負けをしない約定代金は以下のように変化します。

・今までの手数料:5ドル〜20ドル(約定代金の0.45%)

手数料負けしない金額:1112ドル

⬇︎

これからの手数料:0.1ドル〜20ドル(約定代金の0.45%)

手数料負けしない金額:22ドル

手数料負けをしない金額がたったの22ドルになりました。

この金額であれば配当金だけでも株を買う事ができます。

そのため今までは非現実的であった配当金だけで株を買う方法は現実的に可能となりました。

その他にも以下のような投資家の方々にも恩恵はあります。

・軍資金の少ない投資家

・試しに少しだけ米国株を買ってみたい米国株未経験者

おそらくマネックス証券は米国株の売買手数料を下げて顧客を増やす事が狙いでしょう。

しかし今回の手数料改定は配当金の再投資を行なっている投資家に追い風となりました。

この手数料改定によりその他のネット証券も追随する事を期待しています。

それではまた。

追記

2019年7月22日からマネックス証券さんは最低取引手数料を0ドル(無料)に引き下げてくれました。他のネット証券が対抗して0ドルにしたのでそこに合わせる事になったようです。

しかし今回の手数料値下げはマネックス証券から始まりました。

今後もマネックス証券さんには手数料改革などに期待せざるおえないです。

マネックス証券さんの口座はこちらから開設できます↓

もちろん私も利用させて頂いてます(^^)

コメントを残す