まだトレードで消耗しているの?

こんにちは!Ryotaです。

株価が乱高下してストレスやプレッシャーを抱える投資家さんも多いと思います。私も短期投資やトレードを行なっていた時は株価が気になってしまい常にチャートを見ていました。

しかし配当重視の長期投資を行うようになってからストレスが激減し株価が下落してもさほど気にならなくなりました。

今回は短期投資から長期投資に変えて精神的に変化した3つの点を紹介します。

①株価が動いても配当金は変わらない。

株価が下がろうが上がろうが業績が悪くならない限り配当金に変化はありません。

そのため配当重視の投資家にとっては株価の変動はさほど重要ではないのです。

チャートを長時間見る必要がないため時間的ゆとり精神的ゆとりの両方を手に入れる事ができました。

②株価が下がってくれた方がむしろ嬉しい。

株価が下がれば利回りが上がります。

そのため「株価があと少し下がれば利回りが0.1%上がるぞ(´∀`)」という感じで暴落は買い増しするチャンスと捉えるようになりました。

しかも皮肉な事に短期投資をしていた頃より含み益は長期投資に変えてからの方が多いです。短期投資をしていた頃は下落時に買うとそこからさらに下落するのでは?という恐怖感から積極的に買い向かえる事ができなかったのです。

今は暴落は恐怖から喜びに変わっています。

③損切りという概念がない

株価の値上がり狙いで買った株が下落した場合、早めに損切りをしないといけません。ですが損切りは損を確定する作業を自ら行うためかなりストレスがあります。

しかし株価が下落しても高配当銘柄であれば配当金をもらいながら株価が回復するのを待っていればいいだけです。

損切りは必要ないというのは物凄く気楽になりました。

まとめ

私の実体験から短期投資から高配当株への長期投資に切り替えてすごく精神的に楽になりました。煽るような記事のタイトルになってしまいましたが本当にトレードや短期投資で消耗している方へは高配当株への長期投資をおすすめします。

それではまた。

コメントを残す