つみたてNISAが100万口座を突破したらしい。年齢が60代以上の方も使った方が良さそうです。

こんにちは!Ryotaです。

金融庁のホームページを見ていたらつみたてNISAが100万口座を突破!という資料を見つけました。

私自身もつみたてNISAを使っていますが、資料を読むと幅広い年齢層の方におすすめできると思いました。

今回はつみたてNISAについての記事です。

■つみたてNISAの概要

つみたてNISAではあらかじめ決められた投資信託の中から積み立てる商品を選びます。

個別株は選べないので注意が必要です。

最大のメリットは運用益が非課税という点です。通常は税金が20%引かれます。

年間40万円まで積み立てが可能で20年間運用可能です。そのため入金は最大で800万円までです。

■つみたてNISA口座を持っている年齢層

40代の方が多いようです。恐らく40代で開始して60代で受け取ろうという考えの方が多いのでしょう。

それにしても20代に15%もいる事が驚きです。

若くしてお金の関心が高い方と親のすすめで始めた方といらっしゃると思いますがどちらにしてもすごいと思います。

■現代の60歳が90歳まで生きる生存率は46.4%!

こちらは金融庁のデータを元に作った表です。

現在60歳以上の方はほとんど80歳まで生きられます。また90歳以上も半数近くが生きる事ができます。

つまり60歳からつみたてNISAを活用して80歳で受け取り90歳までの10年間で使用するといった事もわりかし現実的な活用方法だと思います。

■どんな投資信託を積み立てればいいの?

ご参考までに私の積み立てている投資信託を紹介します。

eMAX Slim 米国株式(S&P500)

運用会社は三菱UFJ国際投信です。米国株価指数のS&P500連動型の投資信託です。

なぜこれを選んだかというとS&P500は年間平均で約7%のリターンがあります。

この投資信託が必ずこのリターンを出せるわけではありませんが私はインデックスファンドと呼ばれる指数連動型の投資信託かつ米国株式を信用しています。

ちなみに世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏も金融知識の無い妻へはS&P500連動型のインデックスファンドを薦めています。

ちなみにこの投資信託が年間平均リターンを出してくれれば

上限ギリギリまで毎月33,333円を20年間積み立てると1,736万円になります。

約800万円の元本が1,736万円になるのですから積み立てる価値は大いにあります。

以上がつみたてNISAに関する私の見解です。

そういえば金融庁のホームページに有名投資ブロガーとコラボする企画があるらしいです。

将来の有名投資ブロガーRyotaは金融庁さんとコラボする準備はできてます!(笑)

金融庁さんからのコラボ依頼お待ちしております♪

それではまた。

コメントを残す